So-net無料ブログ作成
検索選択

サンディエゴのOld Town [米国紀行(サンディエゴ)]

現在に保存されるサンディエゴのOld Townです。
s-航空写真.jpg
サンディエゴのOld Townです。日本では、江戸時代でした。
s-DSCN0800.jpg
当時は、こんな、風景だったようです。
s-DSCN0804.jpg
 
教会も保存されています。
s-DSCN0806.jpg
教会の隣には土産物の店もあります。
s-DSCN0810.jpg
当時の建物です。
s-DSCN0808.jpg
当時の雰囲気をかもし出す建物です。
s-DSCN0816.jpg
メキシコ風の建物です。
s-DSCN0814.jpg
当時の広場もあります。
s-DSCN0830.jpg
こうした草花が当時、咲き乱れていたかは分かりません。
s-DSCN0834.jpg
s-DSCN0832.jpg
s-DSCN0846.jpg
 
こうした昔ながらの服装を身につけた人が多くいます。
s-DSCN0850.jpg
アメリカ・インディアンによる楽器の演奏も行われたりもしています。
s-DSCN08528.jpg
 
 太平洋まで達した合衆国のフロンティアは、黒船に乗って日本に向かうことになります。

nice!(222)  コメント(3) 

合掌の障子、茅ぶき屋根、青空、土筆 と 桜 [地域紹介(富山県・五箇山)]

桜の美しさは、城、川、山、雪、空など、周りの景色との調和で際立ちます。
合掌造りの美しさは、合掌する手のような屋根の美しさにあると思います。
 
冬枯れの山々。障子と合掌。そこに桜です。五箇山の長く閉ざされた冬が終わる瞬間です。
s-IMG_0303.jpg
合掌が桜を下に見ます。
ss-DSC_1701.jpg
合掌の障子と桜と青空と遠くに残雪です。
s-IMG_0310.jpg
どこまでも青い空。合掌に桜が話しかけます。
ss-IMG_0313.jpg
遠くに残雪の山々。緑が戻ってきた田んぼ。 その時間の隙間に桜が割って入ります。
s-IMG_0309.jpg
合掌と青空。 そこに土筆と桜。 五箇山に、春が到来した瞬間です。
s-DSC-415.jpg
 
 茅ぶきの屋根に桜が寄り添います。 
s-IMG_0347.jpg
茅ぶきの廊下と障子に桜です。
ss-DSC_1704.jpg
並ぶ茅ぶき屋根を遠くに桜が開花しました。
s-IMG_0332.jpg
 
合掌の五箇山の長い冬が終わる瞬間を、桜が告げます。

nice!(195)  コメント(10) 

世界遺産 合掌造りの五箇山の桜 [地域紹介(富山県・五箇山)]

s-IMG_0340.jpg
5月連休、五箇山の桜が見ごろを迎えます。 s-217-DSC-404.jpg
合掌造りに、雪も似合いまが、桜も調和します。
s-311-DSC-402.jpg
五箇山の空の青さが一層、桜の美しさを際立たせます。
s-122-DSC_647.jpg
多くのカメラマンにとって、五箇山が最高のシーズンを迎えました。
s-123-DSC_1646.jpg
 桜が、ため池を覗き込みます。
s-IMG_0307.jpg
遠くの山には雪が残ります。
s-IMG_0309.jpg
空の青さが一層青く見えます。
s-IMG_0313.jpg
5月連休、桜と共に、五箇山に遅い春が訪れます。

nice!(187)  コメント(1) 

サンディエゴの「ダイナマイト巻き」 [米国紀行(サンディエゴ)]

サンディエゴのレストラン街にある「Katsu Sushi」です。
ss-CIMG6684.jpg
 
何と、メニューに「ダイナマイト巻き」があります。
s-DSCN0631.jpg
頼んでみました。ダイナマイト巻き、こんな感じです。
s-CIMG6680.jpg
 
s-DSCN0632.jpg
 
s-DSCN0634.jpg
結構、味も、しっかりしています。
s-DSCN0636.jpg
 
同行した研究員は、普通に「焼きそば」を頼みました。
s-DSCN0620.jpg
野菜たっぷりの焼きそばです。
s-DSCN622.jpg
そこに鰹節をのせれば、さしずめ「ダイナマイト焼きそば」ですかね?
 s-鰹節.jpg

nice!(226)  コメント(6) 

サンディエゴの見た目は普通の、食べて涙の「Oh! My God 巻き」 [米国紀行(サンディエゴ)]

カリフォルニア巻きと言うのでしょうか?日本では、絶対見かけない寿司です。
s-DSCN0768.jpg
 
「Triple Fantasy巻き」です。 超自然的・幻想的・空想的と言ったところでしょうか?
s-DSCN0770-3.jpg
 
「バンパイヤー巻き」もあります。バンパイヤーと言えば、右の写真です。
DSCN0770-2.jpgs-vamp101.jpg
 
そして、見つけた「Oh! My God 巻き」です。
s-s-DSCN0640.jpg[


注文した「Oh! My God 巻き」が来ました。見た目に驚くようなものではありません。
s-DSCN0642.jpg
でも、少し派手ですね。
s-DSCN0646.jpg
 
食べてみました。次の瞬間、「Oh! My God」 激辛です。
s-DSCN0644.jpg
 
改めて、メニューを見ると、Spicyずくしです。
s-DSCN0641.jpg
 
カリフォルニアで、日本の寿司の食文化は、原型を留めていませんでした。

nice!(203)  コメント(6) 

サンディエゴの「虹巻き(Rainbow Roll)」 [米国紀行(サンディエゴ)]

サンディエゴの中心街で「Katsu Sushi」を見つけました。
ss-CIMG6684.jpg
入ってみました。
s-CIMG6673.jpg
 
カリフォルニア巻きと言っても、最近では、サーモン巻きなるものも登場です。
s-DSCN0618.jpg
 
それよりも何よりも、メニューに「Rainbow Roll」とあります。
s-DSCN0610.jpg
 
1つ頼んでみました。前から見ても、
s-CIMG6678.jpg
後ろから見ても、まさに「虹巻き」です。
s-DSCN0612.jpg
 
まぐろ、タイ、エビです。
s-DSCN0616.jpg
 サーモンにアボガドまで入っています。
s-DSCN0614.jpg
 
レンボー巻き、食べるのがもったいないような気もしました。
 

nice!(232)  コメント(6) 

米国カリフォルニア州サンディエゴで化学会は開催されました。 [米国紀行(サンディエゴ)]

サンフランシスコからサンディエゴへ、飛行機で移動しました。
サンディエゴのコンベンション・センターで米国化学会が開催されます。
写真の左側がそのコンベンションセンターです。夕方、会場の下見をしました。
s-CIMG6691.jpg
夕方7時になっても、全米から集まった化学系の学生の表彰が行われていました。
 s-CIMG6699.jpg
 
本格的な学会は、あくる朝から始まりました。大きな会場です。
s-CIMG6964.jpg
とにかく、大きな会場でした。
s-DSCN0610.jpg
こうした部屋が100室程度も準備されていました。
s-CIMG6766.jpg
大きな展示会場もあります。化学系の企業が計測機器などの展示をしています。
 s-CIMG6783.jpg
ほりけんも広い展示会場を歩いてみました。
s-CIMG6779.jpg
 
発表の休憩時間にはベランダで時間を過ごしたりもします。
s-DSCN0596.jpg
穏やかな時間が過ぎていきます。
s-DSCN0598.jpg
サンディエゴの湾が見えます。
s-DSCN0592.jpg
こうした眺めを楽しみながらも、学会の発表は進んでいきます。
s-DSCN0594.jpg
 
通常、一泊が15,000~20,000円のホテルが、学会期間中は2倍にはね上がります。
s-DSCN0653.jpg
 
ほりけん、招待講演でしたが、活発な質問攻めにあってしまいました。

nice!(212)  コメント(4) 

海外で日本食レストランは「駆け込み寺」です。 [米国紀行(サンフランシスコ)]

米国の食事にあきると、決まって日本食レストランに飛び込む。
ホテル近くに「はなぜん」があります。
s-DSCN0511.jpg
やっぱりホッとします。
s-DSCN0502.jpg
焼き鳥を頼みました。テリヤキのタレが最高です。
s-DSCN0509.jpg
サラダも巨大なものではありません。
s-DSCN0504.jpg
カリフォル巻きも頼みました。
s-DSCN0507.jpg
 
海外において、その国々の食事で失敗をする場合が多々あります。
そんなとき、海外の日本食レストランは、ほりけんにとって「駆け込み寺」のようものです。

nice!(224)  コメント(2) 

海外のレストランではいつも失敗ばかりです。今回もそうでした。 [米国紀行(サンフランシスコ)]

サンフランシスコのフィシャーマンズワーフです。s-DSCN0278.jpg
レストランが幾つもあります。 いい感じです。
s-DSCN0226.jpg
レストランの入り口には、蟹や魚が並んでいます。
s-DSCN0234.jpgs-DSCN0232.jpg
中に入ってみました。いい雰囲気です。
s-DSCN0238.jpg
窓からの眺めも最高です。
s-DSCN0228.jpg
 
 
フィシャーマンズワーフと言えば蟹です。訳の分からない英語のメニューを探すこと10分。
「蟹サラダ」を見つけました。ほりけんと同行した2名、3名がそれぞれ1つずつ注文しました。
店員が怪訝な顔をしています。
 
 
やってきました。直径20cmのサラダの山が3つ来ました。とんでもない量の野菜です。
s-DSCN0239.jpg
その頂上に、確かに、蟹はのっています。 
s-DSCN0245.jpg
 
完食と言いたいのですが、蟹は食べれたのですが、野菜は食べても食べても減りませんでした。
s-DSCN0247.jpg
 
海外のレストランでは失敗ばかりのほりけんですが、今回も失敗でした。
 
レストランを出て、しばらく歩くと立ち食い風の蟹の店が沢山あります。
s-DSCN0250.jpg
純粋に、蟹を食べるなら、こちらの方が正解でした。
s-DSCN0252.jpg
ボイルした蟹が美味しそうです。
s-DSCN0256.jpg
蟹と海老の詰め合わせです。
s-DSCN0260.jpg
s-DSCN0264.jpg
そこで食べることも出来ます。
s-DSCN0251.jpg
 
海外のレストランでは失敗ばかりのほりけんですが、今回も失敗でした。

nice!(234)  コメント(15) 

サンフランシスコで買ったヤドカリへの土産。ヤドカリの反応はイマイチでした。 [米国紀行(サンフランシスコ)]

サンフランシスコの坂道です。
s-DSCN0215.jpg
路面電車が走っています。
s-DSCN0219.jpg
久々に訪れたフィシャーマンズワーフです。
s-DSCN0278.jpg
ここは、蟹で有名です。
s-DSCN0264.jpg
沢山の観光客で一杯です。
s-DSCN0224.jpg
オットセイでしょうか?大量にいます。
 s-DSCN0230.jpg
海岸近くで、貝殻を売る店が多いのは、アメリカも一緒です。
 s-DSCN0260.jpg
こんな貝殻をヤドカリの土産に買いました。
s-DSCN1387.jpg
我が家のヤドカリに土産の貝殻を着せたいのですが?
s-CIMG3697.jpg
人間と違い、なかなか興味を示してくれません。
s-IMG_2913.jpg
せっかくのサンフランシスコのお土産も、ヤドカリには見向きもしていただけませんでした。

nice!(207)  コメント(10)