So-net無料ブログ作成
検索選択
グルメ(三重県・桑名市) ブログトップ

アンパンマンのお結びと稲荷寿司 [グルメ(三重県・桑名市)]

名古屋アンパンマン・ミュージアムです。s-DSCN2683.jpg
 ここで、昼食をとりたいのですが、なんでもかんでもアンパンマンです。
アンパンマン・ランチ・ボックスです。
s-コDSCN2399.jpg
外で食べるのも最高です。
 s-DSCN2508.jpg
うどんやお結びが売られています。
 s-DSCN2393.jpg
アンパンマンのよい子のプチいなり寿司が目に飛び込んできました。
 s-DSCN2418.jpg
 
そのアンパンマンの稲荷寿司とお結びを買ってしまいました。
s-DSCN2424.jpg
アンパンマンのおにぎりです。小さいのですが、1個が180円です。
s-DSCN2431.jpg
これが、アンパンマンのプチ稲荷です。小さいのですが、1パック450円です。
s-DSCN2425.jpg
その他にも、アンパンマンのコロかま(左)やとうふプリン(右)も売られていました。
コDSCN2414.jpgココDSCN2414.jpg

nice!(237)  コメント(10) 

名古屋アンパンマンこどもミュージアムのパン工場2012-06-12 [グルメ(三重県・桑名市)]

 名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークの入り口です。 s-DSCN2600.jpg

その中に、ジャムおじさんのパン工場があります。
s-DSCN2604.jpg
日曜日ともなると、お客さんの行列ができます。s-DSCN2606.jpg
色々なアンパンマンシリーズのパンが並んでいます 。
s-DSCN2610.jpg
アンパンマンです。
s-DSCN2612.jpg
ドキンちゃんです。
s-DSCN2614.jpg

 
あかちゃんまんです。
s-DSCN2616.jpg

                            こちらはカビルンルンのパンでしょうか?

s-DSCN2620.jpg

 


そして、それらが並ぶ、パンを買いました。s-DSCN2658.jpg
アカチャンマン、メロンパンナちゃん、名犬チーズ、???、ドキンちゃん、ロールパンナちゃん
のパンセットです。
s-DSCN2660.jpg

 


nice!(223)  コメント(9) 

浮世絵に描かれた江戸時代の面影が今に残る桑名の町です [グルメ(三重県・桑名市)]

ほりけんの職場のある名古屋市と自宅のある四日市との中間地点に桑名があります。
 
江戸時代、浮世絵に描かれた桑名城です(左)。その現在です(右)。
s-s-IMG_0974.jpgs-IMG_0960.jpg
 
江戸時代、浮世絵に描かれた桑名城と「七里の渡し」です(左)。その現在です(右)。
s-s-IMG_0976.jpgs-s-CIMG2496-2.jpg
 
 江戸時代、桑名城から100mのところに「七里の渡し」があり、桑名と熱田を渡していました。
その桑名の渡しです(左)。今、その場所は、揖斐川沿いにあり多くの釣り人が憩います(右)。
s-IMG_0973.jpgs-s-CIMG2495-2.jpg
 
江戸時代の浮世絵に描かれた五十三次の1つ桑名宿です。 焼き蛤屋があります。
s-s-IMG_0975.jpg
 
桑名城の近くに、現在、寺町商店街があります。三と八のつく日に市が開かれます。
ss-CIMG2477.jpg
今も、焼き蛤が売られています。
s-CIMG2481.jpg
色々な「しぐれ」が売られています(左)。餅も大胆に切られたものが売られています(右)。
ss-CIMG2489.jpgss-CIMG2469.jpg
干し魚や干し椎茸などが売られています。
s-CIMG2490.jpg
野菜が売られています。地元で取れた竹の子や生椎茸もあります。
s-CIMG2471.jpg
魚屋さんです。
ss-CIMG2488.jpg
木細工だったり手芸だったりです。
s-CIMG2478.jpg
 
浮世絵に描かれた江戸時代の面影が、今に残る桑名の町です。

nice!(0)  コメント(0) 

江戸時代、桑名(三重県桑名市)のシンボルは桑名城の幡龍櫓でした [グルメ(三重県・桑名市)]

歴代の安藤広重が、東海道五十三次の桑名宿の桑名城を何度となく描きました。

江戸時代、勢湾から桑名城の「幡龍櫓(ばんりゅうやぐら)」を望みます。 
s-IMG_0976.jpg
 
安藤広重は、何故か、桑名城でも幡龍櫓を好んで描きました。
s-IMG_0958.jpg
 
安藤広重が描いた七里の渡しと幡龍櫓です。 
s-IMG_0973.jpg
 
江戸時代には桑名と言えばこの幡龍櫓でした。  
s-IMG_0974.jpg
 
復元された幡龍櫓と、今も残るその手前のお堀です。 
s-IMG_0965.jpg
 
安藤広重が何度となく描いた幡龍櫓手前のお堀です。今も、現存します。
s-IMG_0961.jpg
 
桑名城跡は、今は、市民に親しまれる九華公園です。下の地図の左下が龍櫓です。
s-IMG_0980.jpg
 
徳川家康の重臣の1人である本多忠勝公の像です。
1600年、関が原の戦いの戦功により、桑名10万石に転封されました。
s-IMG_0984.jpg
 
この絵は、江戸時代の桑名の街並みです。
江戸時代にも、やっぱり桑名は「焼き蛤」で有名だったようです。
s-IMG_0975.jpg
 
伊勢の国の桑名(現在の三重県四日市市)のシンボルは、江戸時代には桑名城の幡龍櫓でした。
名物は、焼きはまぐりだったようです。

nice!(0)  コメント(0) 

三重県桑名市にある蛤料理、老舗の「歌行燈」 [グルメ(三重県・桑名市)]

三重県桑名市に「蛤(はまぐり)」を使った料理「歌行燈」があります。
明治10年から創業している伝統ある「歌行燈」です。
泉鏡花の小説「歌行燈」の舞台にもなったうどんの店でもあります。
IMG_0992.jpg

桑名の名物「蛤」料理の代表的なメニューです。
IMG_0994.jpg
 
「蛤歌行燈御膳(1659円)」です。歌行燈のうどん付きです。
IMG_1008.jpg
 
ちらし寿司の上に蛤がのっています。
IMG_1010.jpg
 
蛤入りのシンプルな茶碗蒸し(左) と蛤と季節の野菜のてんぷら(右)です。
IMG_1012.jpgIMG_1014.jpg
 
「蛤御膳(1869円) 」です。
IMG_1018.jpg

蛤御膳に付く、「蛤の酒蒸し」です。蒸気が出たら蓋を開けます。
IMG_1001.jpgIMG_1017.jpg

歌行燈のうどんに蛤とそのエキスが出汁に溶け込んでいます(左)。
蛤のしぐれと漬物です(右)。
IMG_1019.jpgIMG_1021.jpg
 
「川海老素揚げ(504円)」です。塩がふりかかっています。
IMG_1004.jpgIMG_1005.jpg
 
歌行燈のうどんやそばも販売しています。こしがあり滑らかなうどんはお土産としても最適です。 

nice!(0)  コメント(0) 

三重県桑名市が本店の「柿安」のショコラ餅 [グルメ(三重県・桑名市)]

「柿安口福堂」の日永カヨーショッピングセンター店です。ほりけん、カヨーにはよく行きます。
s-PA-0091.jpg
「柿安 口福堂」は、18の系列をもつ「柿安グループ」の1つの系列(和菓子)です。
愛知県にも13店舗、三重県にも5店舗、岐阜県にも5店舗を出店しています。
brand_01.gifbrand_13.gifbrand_01.gif

そこで見つけた「ショコラ餅」です。s-PA-0095.jpg
「ショコラ餅」のチョコレート味です。
s-PA-0096.jpg
それぞれ5個ずつ買ってみました。1個60円です。そんなに甘いわけではありません。
s-SANY0142.jpgs-PA-0100.jpg
こちらは「えくぼ酒まんじゅう(こしあん)」です。確かに、エクボと言った感じですね。
s-PA-0094.jpg
柿安の色々な和菓子が並べられています。
s-PA-0092.jpg
柿安口福堂のホームペ-ジ:
柿安のホームペ-ジ: http://www.kakiyasuhonten.co.jp/index.php
 「柿安」は三重県桑名市に本店をもちます。①しゃぶしゃぶ日本料理、②精肉、③料亭しぐれ煮、④牛めし、⑤三尺三寸箸(ビュッフェレストラン)、⑥上海柿安(中華ビュッフェレストラン)、⑦炭火焼ハンバーグカキヤス(ハンバーグレストラン)、⑧KAKIYASU DINING(洋惣菜)、⑨Shang-hai DELI(中華惣菜)、⑩おかずや(和惣菜)、⑪上海饅頭店(飲茶・点心)、⑫肉の匠(肉惣菜)、⑬Kushi-Kushi(串揚げ)、⑭天むす柿安(天むす・創作おむすび)、⑮柿次郎(和菓子)口福堂(和菓子)のそれぞれが大きなチェーン店を形成しています。
ショコラ餅 柿安口福堂 柿安グループ 口福最中 口福ワラビ餅 口福まんじゅう 三重県桑名市 しゃぶしゃぶ日本料理 精肉 料亭しぐれ煮 牛めし 三尺三寸箸(ビュッフェレストラン 上海柿安(中華ビュッフェレストラン) 炭火焼ハンバーグカキヤス(ハンバーグレストラン KAKIYASU DINING(洋惣菜) Shang-hai DELI(中華惣菜) おかずや(和惣菜) 上海饅頭店(飲茶・点心) 肉の匠(肉惣菜) Kushi-Kushi(串揚げ) 天むす柿安(天むす・創作おむすび) 柿次郎(和菓子) 口福堂(和菓子) チェーン店 日永カヨーショッピングセンター店 えくぼ酒まんじゅう(こしあん) 大同大学 ほりけん 堀

nice!(0)  コメント(0) 

国道23号線沿い木曽岬の巨大「ひつまぶし」 [グルメ(三重県・桑名市)]

 国道23号線を名古屋から四日市へ走ることがよくあります。途中の桑名に、和風レストラン「木曽岬」があります。そこで「ひつまぶし」を注文しました。巨大な「ひつまぶし」が出てきました。

s-PA-0008.jpg

国道23号線沿いにある「木曽岬」は、活魚料理、うなぎ、天婦羅などの和風レストランです。

s-PA-0002.jpgs-PA-0001.jpg

「ひつまぶし」を注文しました。うなぎが2匹分入っています。s-PA-0005.jpg

美味しそうな鰻が沢山のっています。
s-PA-0007.jpg
ひつまぶしのお茶漬けです(左の写真)。鰻肝の吸い物です(右の写真)。
s-PA-0009.jpgs-PA-0010.jpg
 ほ りけん、名古屋で生活するようになって8年近くが経ちます。その間、色々な名古屋の食べ物にチャレンジしています。鰻は、日本一の養殖量を誇っており、そ の食べ方の代表が「ひつまぶし」です。名古屋に来た当初は、うなぎを「お茶漬け」で食べることはできませんでしたが、今では、大好物です。
「木曽岬」の所在地:三重県桑名郡木曽岬町富田子457
三重県桑名郡木曽岬 和風レストラン 木曽岬 グルメ 定食 ひつまぶし 鰻 うなぎ きもすい 肝吸い お茶漬け 大同大学 ほりけん 堀 


nice!(0)  コメント(0) 
グルメ(三重県・桑名市) ブログトップ