So-net無料ブログ作成
検索選択
地域紹介(三重県・津市・松阪市) ブログトップ

あの三井家の家祖「三井高利」は松阪市に生まれました [地域紹介(三重県・津市・松阪市)]

天正16(1588)年、戦国時代の武将、蒲生氏郷により開かれた松阪の城下は、江戸時代になると商 人の町として栄えました。主に松阪木綿を扱う豪商は、江戸時代前期にいちはやく江戸・京・大阪に店を構えました。
赤い欄干の橋(左)を渡ったところに、商人の古い町並み(右)がありました。
s-DSC02132.jpgs-DSC02133.jpg
「松阪商人の館」です。
その屈指の豪商・小津清左衛門の邸宅を資料館として公開しているものです。
s-DSC02134.jpg
資料館の内部です。 千両箱や万両箱も展示されています。
s-DSC02135.jpgsho007.jpg
もう少し歩くと、「三井家」発祥地があります。s-DSC_0897.jpg
s-DSC02128.jpg
三井家の家祖「三井高利」は、1622年、この地に生まれました。
s-DSC02125.jpg
「松阪牛」で有名な松阪商人の町である三重県松阪市に、三井家発祥の地はあります。

nice!(282)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

松阪城の藤棚を見るために100kmを自転車で [地域紹介(三重県・津市・松阪市)]

三重県松阪市に大きな城跡があります。蒲生氏郷(がもううじさと)の城です。
s-DSC-2004.jpg

織田信長は、蒲生氏郷の才を見抜き、娘の冬姫と結婚させました。信長をして「只者ではない」と言わしめた人物です。織田信長、ついで羽柴秀吉に仕え、両雄の天下取りのために尽力しました。 38歳で92万石の大大名になりましたが、40歳という若さで亡くなりました。
その松阪城の表門跡です。
s-DSC_0829.jpg

写真の右の石垣が太鼓櫓跡です。奥が中御門跡です。
s-DSC_0880.jpg
本丸跡から見下ろした石垣です。
s-DSC_0846.jpg
天守閣の石垣に沿ってモミジの新緑が始まっていました。
s-DSC-2520.jpg
白いドウダンツツジです。天守閣の石垣の麓で花を付けていました。
s-DSC-2530.jpg
石垣の近くに白い花が咲いていました。
「シャガ[アヤメ科アヤメ属、多年草]」
s-DSC-2502.jpg
真っ赤な花も咲いていました。
「シャクナゲ (石楠花)[ツツジ科ツツジ属]」
s-DSC-2510.jpg
75年前、ほりけんの父親が17歳のとき、この藤の花を観るために、
四日市から松阪城まで往復100kmを自転車でってきました。
ほりけん、その話を父親から聞き、車を跳ばして松阪城にやって来ました。
1本の藤の木が大きく枝を張り巡らしています。 藤が花を咲かすには、まだ、早すぎました。
s-DSC_2504.jpg
歳をとって、遠出が出来なくなった父親が、昔話をするたびに、
車を走らせ、父親に土産話と写真を見せています。父親の弾む声を聞くために
皆様方には、その写真をブログで紹介させて頂いております。
松坂城跡の所在地:三重県松阪市殿町


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三重県 津城 満開を過ぎて、尚一層、桜の美を堪能する [地域紹介(三重県・津市・松阪市)]

戦国武将「藤堂高虎」は、徳川政権の下、三重県の津に居城を構えました。

その天守閣の石垣を背景にした桜です。満開を過ぎ、新緑と花の調和が美しい限りです。
s-DSC_0742.jpg
「藤堂高虎」当時の津城の平面図です。32万石でした。
s-DSC-0706.jpg
天守閣の石垣と桜の花とその新緑です。その3つが色を織り成します。
s-DSC_0744.jpg
石垣から張り出した桜です。目の覚めるような新緑とピンクの花のコントラストが綺麗です。s-DSC_0752.jpg
お堀端で、染井吉野の桜の花が最後の日曜日を演出します。
s-DSC01830.jpg
s-DSC_0714.jpg
内堀が埋め立てられ、今は、そこに桜の木が植えられています。
s-DSC01854.jpg

かつて何度となく戦が繰りひろげられたこの地を、花吹雪がピンク色に染めます。
s-DSC01857.jpg
満開の桜のシーズが過ぎ、人影も疎らになった城跡で、桜の新緑に出会いました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

井村屋の肉まん [地域紹介(三重県・津市・松阪市)]

三重県津市に全国でも有名になった井村屋製菓(株)があります。
ほりけん、小学生のころ、井村屋の工場を見学したことを憶えています。
あれから50年の歳月が流れ、今や、井村屋は全国版になりました。
「井村屋の羊羹」もいいのですが、この時期、「井村屋の肉まん・あんまん」が良いですね。
スーパーで3個入り1袋が198円です。
s-SANY0324.jpg
ほりけん、あんまんではなく、肉まんをよく買います。
仕事が深夜に及ぶことが多く、職場の冷蔵庫にも入れています。夜食です。
s-SANY0325.jpg
電子レンジで温めています。保存料を添加していないので、買ったら早めに食べます。
s-SANY0327.jpg
横浜の中華街「萬珍楼」で買う肉まんに比べ、値段は1/5~1/20です。
「萬珍楼」のものより小さいですが、味は負けるものではありません。
s-SANY0753.jpgs-SANY0758.jpg
勿論、横浜中華街の中でも「萬珍楼」の「肉まん(右の写真のもので1個450円)」の味は確かです。
SANY0891.JPGSANY0888 - コピー.JPG
「井村屋製菓」の所在地:三重県津市高茶屋七丁目1番1号
http://www.imuraya.co.jp/

「萬珍楼」の所在地:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町153番地http://www.manchinro.com/store/manchinro_index.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
地域紹介(三重県・津市・松阪市) ブログトップ