So-net無料ブログ作成
地域紹介(四国地方) ブログトップ
前の10件 | -

阿呆になって踊り明かす、日本の「阿波踊り」とデンマークの「ビール祭り」 [地域紹介(四国地方)]

日本の徳島の「阿波踊り」の女踊り(左)と、デンマークの「ビール祭り」の女性の踊り(右)です。
s-DSCN6008-2.jpgs-DSCN0008-2.jpgs-DSCN0008-2.jpg
 
 
阿波踊りの蜂須賀連の男踊りと女踊りです。 上げた手が綺麗です。
ss-DSC05402-2.jpg
デンマークのビール祭りでも、皆が手を上げて踊ります。
ss-DSCN0024-2.jpg
 
 
阿波踊りの娯茶平連の三味線や横笛です。非常に良く揃っています。
s-DSCN6307.jpg
一方、こちらはデンマークのビール祭りの主役はトランペットです。
s-DSCN0029.jpg
ボーカルの迫力も最高潮です。
s-DSCN0039.jpg
 
 
阿波踊りの最後には、観衆までが連に混じって踊り出します。
s-DSC05441.jpg
デンマークのビール祭り、酔った人々がテーブルの上でフィーバーです。
s-DSCN9982-3.jpg


「阿波踊り」で男性が腰にぶる下げるのは「ひょうたん」です。
s-DSCN6423-2.jpg
デンマークのビール祭り、女性が腰にぶる下げるのは「ビールビン」です。
s-DSCN9960-2.jpg
 
音楽にのって踊り明かすのは、日本の阿波踊りもデンマークの「ビール祭り」も同じでした。

nice!(172)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

香川県金刀比羅宮に向かう参道にある甘味処 [地域紹介(四国地方)]

新名神高速道路の土山SAに「ちゃんぽん亭総本家」が店を出しています。
s-DSC04871-4c115.jpg

夏のこの時期でもお客さんでいっぱいです。
s-DSC04870.jpg

「豚肉ラーメン」の大盛りを注文しました。
s-DSC04872.jpg

コクのある豚骨味です。そこに、何故か、豚肉が合います。
s-DSC04874.jpg

胡椒をタップリかけた温泉玉子が豚骨味を助けています。
s-DSC04878.jpg

細く切った白ネギがおいしいです。
s-DSC04876.jpg

新名神高速道路の土山SAの「ちゃんぽん亭総本家」、ほりけんのお好みの店です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四国第6霊場の温泉山「安楽寺」 [地域紹介(四国地方)]

徳島県にある四国第6霊場の温泉山「安楽寺」の山門です。竜宮城に入って行くような雰囲気です。
元々、温泉山という山号からもわかるように温泉のあるお寺だったそうです。
しかし、天正年間に焼失して2キロ離れた現在の地に移されたそうです。
s-DSCB5956-2.jpg
境内に入って左手に小さな池があり、多くの錦鯉が泳いでいます。
s-DSCN5971-2.jpg
萱葺きの建物が趣を添えていました。
s-DSCN5958-2.jpg

境内の奥にコンクリート建ての大きな本堂があります。本尊は薬師如来です。
s-DSCN5961-2.jpg
本堂の前に、可愛い像が蓮の上に座っています。
s-DSCN5963-2.jpg
その後姿が、特に、お尻が余りにも可愛かったので、不謹慎とは思いつつ写真に撮らさせて頂きました。
s-DSCN5966-2.jpg
ほりけん、思わず、そのお尻に合掌!です。
それぞれのお遍路さんが、それぞれの思いから四国霊場巡りをされています。
それぞれの願いかなって欲しいものです。
第1霊場の竺和山「霊山寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-08-25-1
第2霊場の日照山「極楽寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-08-28-1
第3霊場の亀光山「金泉寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-08-31-1
第4霊場の黒巌山「大日寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-08-31
第5霊場の無尽山「地蔵寺」
第6霊場の温泉山「安楽寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-09-07
第7霊場の光明山「十楽寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-09-18

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

岡山城近くのケーキ屋「MOZART]に見る秋の味三昧 [地域紹介(四国地方)]

岡山への出張の帰りがけに岡山城に立ち寄りました。
岡山城へのタクシーの運転手さんが人気のケーキ屋「MOZART」を紹介してくれました。
閉店間際に駆け込みました。昼間は行列ができ、並ぶのが大変だとのこと。
s-DSCN8304.jpg
s-DSCN8309.jpg
「くり(1850円)」のセットです。栗を使ったものが多く入っているようです。
s-DSCN8299.jpg
「もみじ(1700円)」 です。秋のお菓子が色々なんでしょうね。
s-DSCN8300.jpg
「くり(1850円)」です。栗を使ったお菓子が多く入っています。
s-DSCN8299.jpg
栗がいっぱいの「烏城(からすじょうと書いて、うじょうと読む)通り」です。1450円、2450円」です。
s-DSCN8302.jpg
s-DSCN8302-2.jpg
その烏城通りの6個入り(1450円)を、自分の土産に1つ買ってみました。
s-DSCN8349.jpgs-DSCN8354.jpg
中身を出してみました。
s-DSCN8355.jpg
栗きんとんに近い味ですが、更に味を深めています。
s-DSCN8360.jpg
岡山城近くで有名なケーキ屋見つけました。そこのお菓子、美味しく頂きました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡山駅で見つけたJR四国の「それいけ!アンパンマン列車」 [地域紹介(四国地方)]

JR岡山駅です。今日は、写真手前の津山線に乗る予定です。
よく見ると向こう側のプラットホームに「しおがぜ」らしきものが停まっています。
s-DSCN828.jpg
やっぱり、あの有名な「しおかぜ」です。
s-SCN8230.jpg
長く連結した車両の全面にわたってアンパンマンのキャラクターがいっぱいです。
s-DSCN8232.jpg
この「しおかぜ」、「アンパンマン列車」として有名です。四国を走っています。
s-鉄道.jpg
「ジャムおじさん」とパン工場で補助をしている「バタコさん」。
そしてみんなのヒーロー「アンパンマン」です。
s-DSCN8259.jpg
「メロンパンナちゃん」と「クリームパンダ」です。
s-DSCN8260.jpg
メロンパンナちゃんの姉「ロールパンナ」と「アンパンマン」、力持ちの「あかちゃんまん」です。
s-DSCN8261.jpg
みんなのヒーロー「アンパンマン」です。アンパンチでばいきんまんをやっつけます。
s-DSCN8234.jpg
熱いカレーを噴出して悪者をやっつける「カレーパンマン」と
町の学校給食に配達する「しょくぱんまん」です。
s-DSCN8239.jpgs-DSCN8237.jpg
二人仲良しの「みるくぼうや」と「あかちゃんまん」、「けーきちゃん」です。
s-DSCN8242.jpgs-DSCN8238.jpg
しょくぱんまんが憧れの「ドキンちゃん」と、
ばいきんまんの仲間、何でもカビだらけにする「かびるんるん」です。
s-DSCN8243.jpgs-DSCN8253.jpg
大人気キャラクター電車が走ってると子どもたちも大喜びですね。
ほりけんも、岡山出張時、仕事での津山線に乗る予定が
思わずプラットホーム反対側のJR四国線のアンパンマン列車に乗るところでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

四国第7霊場の光明山「十楽寺」 [地域紹介(四国地方)]

徳島県板野郡土成町にある 四国第7霊場の光明山「十楽寺」です。その「竜宮門」とも呼ばれる山門す。
s-DSCN5972-2.jpg
弘法大師は、阿弥陀如来をご本尊とし刻まれ、安置したのがこの寺のはじまりとのこと。
人間のもつ八つの苦難(生・老・病・死・愛別離・怨憎会・求不得・五陰盛)を離れ、
十の光明に輝く楽しみが得られるようにと寺号を光明山「十楽寺」としたとのこと。
竜宮門をくぐると直ぐに「水子地蔵」があります。
s-DSCN5973.jpg
手洗い所です。岩の間を、神秘的に水が流れます。
s-DSCN5975-2.jpg
さらに進むと中門があります。s-DSCN5974-2.jpg
奥まった所にある「太子堂」です。
s-DSCN5979-2.jpg
その手前に、やはり、水子地蔵です。
s-DSCN5980-2.jpg
帰りがけに見た「竜宮門」です。
s-DSCN5983-2.jpg
s-DSCN3981-2.jpg
今年の夏、四国霊場巡り、徳島の7つの霊場をお参りしました。
 第1霊場の竺和山「霊山寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-08-25-1
 第2霊場の日照山「極楽寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-08-28-1
 第3霊場の亀光山「金泉寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-08-31-1
 第4霊場の黒巌山「大日寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-08-31
 第5霊場の無尽山「地蔵寺」
 第6霊場の温泉山「安楽寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-09-07
 第7霊場の光明山「十楽寺」 http://horiken-shikidayori.blog.so-net.ne.jp/2010-09-18

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

岡山への出張の帰りには研究員と居酒屋に寄りました [地域紹介(四国地方)]

岡山出張の帰り、夕刻7時近くだったのですが、研究員達と居酒屋に寄りました。
岡山駅前の商店街にある浜焼串揚げ酒場「磯屋」です。
s-DSCN8345.jpg
店内は、一杯飲み屋風の雰囲気を出すように作られています。
s-DSCN8314.jpg
焼き物の色々です。
s-DSCN8328.jpg
ホタテの殻焼きです。活き活きとしたホタテ(左)を金網の上で焼きます(右)。
s-DSCN8318.jpgs-DSCN8323.jpg
サザエの壷焼きです。2つで390円です。焼き上がってきました。s-DSCN8324.jpg
大あさりです。 活き活きとした大あさり(左)を金網の上で焼きます(右)。
s-DSCN8320.jpgs-DSCN8325.jpg
干し物の色々です。
s-DSCN8330.jpg
ししゃも3匹(300円)とイカの一夜干し(480円)を注文しました。
s-DSCN8340.jpg
お寿司もあります。瀬戸内海に面した岡山なので、タイにしました。さらにかんぱちです。
s-DSCN8338.jpgs-DSCN8338-2.jpg
タイ2貫、かんぱち2貫です。
s-DSCN8343.jpg
名古屋行きの最終の新幹線のぞみ(PM9:44)に間に合うように店を出ました。
岡山駅前の商店街は人影も疎らでした。
s-DSCN8346.jpg
このようにして、ほりけんの岡山への日帰り出張の1日は幕を閉じます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夕暮れ時、岡山城が金色に輝いていました [地域紹介(四国地方)]

岡山に出張しました。夕方の5時過ぎ、夕暮れ時に時間を見つけ、岡山城に立ち寄りました。
後楽園から岡山城に向かいます。 旭川越しに岡山城が見えます。
s-DSCN8294-2.jpg
黒い天守閣です。烏城と呼ばれる所以です。納得です。
ただ、同じ烏城でも、岡山城は「うじょう」と呼ばれ、松本城は「からすじょう」と呼ばれるとのこと。
s-DSCN8290-2.jpg
夕陽を受け、その烏城が金色に輝きます。
s-DSCN8286-2.jpg
門があります。門の向こうから異様な光が差込んできます。
s-DSCN8278-2.jpg
そうでした。あの関が原で裏切った小早川秀秋が急死したお城でした。
ss-DSCN8274.jpg
石垣には、江戸時代、31万石を誇った池田氏の威光が夕陽に照らし出されていました。
s-DSCN8280-2.jpg
s-DSCN8265-2.jpg
現在、残るのは本丸周りですが、この案内を見ると岡山城の凄まじさが伝わってきます。
岡山城.JPG
出張ごとに立ち寄る名所旧跡。今回は、30年ぶりの岡山城に立ち寄ることができました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

四国第4霊場の黒巌山「大日寺」 [地域紹介(四国地方)]

四国霊場第4番の黒巌山「大日寺」の正門です。DSCN07004.jpg

門の下に立って見上げると、今にも落ちてきそうな小さ目の釣鐘がありました。
DSCN07005.jpg
門を潜って境内に入ると蓮の花が咲いていました。
DSCN07002.jpg
蓮の葉が青々としていました。
DSCN07007.jpg
この日、第4霊場、最も人影の少ない霊場でした。
DSCN07006.jpg
黒巌山「大日寺」への長く熱い道、何名かのお遍路さんが歩いているのを見かけました。
こうして歴史は繰り返されてきたのでしょうね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

四国第3霊場の亀光山「金泉寺」 [地域紹介(四国地方)]

四国第3霊場「金泉寺」の正門です。
DSCN071002.jpg
門を入ると、直ぐに手洗い場があり、そこに、お遍路さんの杖3つが置かれていました。
DSCN07006.jpg
その本堂です。
DSCN07014.jpg
その本堂の正面には、ここが「四国第3霊場 金泉寺」であることが記されています。
DSCN07012.jpg
源平の戦いの時、源義経がこの寺で休息し弁慶の力量をみせた「弁慶の力石」もあります。

本堂の隣には、多くのお釈迦さまが置かれていました。
DSCN07004.jpg
お遍路さんが大師堂にお参りしていました。
DSCN07008.jpg
納経所です。木々の中にたたずんでいます。
DSCN07010.jpg
第1霊場から第2霊場、そして、第3霊場にやってきました。
灼熱の太陽の下、ここでもお遍路さんにお会いしました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 地域紹介(四国地方) ブログトップ