So-net無料ブログ作成
検索選択
地域紹介(京都府) ブログトップ
前の10件 | -

同窓会の帰り、毎年のように、京都大原三千院に立ち寄ります [地域紹介(京都府)]

毎年、大学時代の研究室の同窓会が、京都のホテルで開催されます。
 京都大原から滋賀県を経由しての名古屋への帰りは、決まって、
三千院に立ち寄ることがよくあります。今年は、晩秋の雨の三千院でした。
 
御殿門の前の「土井柴ば漬け本舗三千院前店」です。
 s-画像 011.jpg
大きなカブです。 千枚漬けに最高です。
s-画像 013.jpg
 
三千院は、16:45に閉まります。16:00です。急ぎ、入りました。客殿からの眺めです。
s-画像 016.jpg
 まさに、三千院の秋が終わろうとしていました。
s-画像 019.jpg
晩秋の雨に、有清園の苔が一層美しさを増します。
s-画像 026.jpg
わらべ地蔵から往生極楽院を眺めました。
s-画像 033.jpg
 
まだ、5時前だと言うのに暗くなってきました。 s-画像 042.jpg
 晩秋のミゾレ交じり雨の中、三千院を後にします。
s-画像 036.jpg
どの観光客も足早に三千院を後にします。
s-画像 044.jpg
 
毎年、決まって、同窓会のシーズンには、三千院に立ち寄ります。

nice!(152)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

世界遺産の宇治「平等院」に秋が忍び寄っていました [地域紹介(京都府)]

京都で開催された同窓会の夜は、京都駅近くのホテルで一泊。
明朝、曇り空の下、車で、宇治市にある「平等院」まで足を延ばしました。
 
十円玉にも刻印の鳳凰堂です。まさに鳳凰が羽を広げたがごとくです。
s-DSC00275-2.JPG
ときの権力者、関白藤原道長が左大臣源重信の婦人から譲り受けた別業をその子藤原頼通が、
永承7年(1052)にこれを仏寺に改め、平等院としたのが始まりと記されています。
境内の地図.JPG
 
平等院の境内に、ほのかに紅葉が始まっていました。
s-DSC00287-2.JPG
 鳳凰堂周りのもみじの紅葉はこれからです。
s-DSC00276-2.JPG
 
最勝院の「どうだんつつじ」の紅葉は、今が真っ盛りでした。
s-DSC00294-2.JPG
水の音が、どうだんつつじの紅葉に似合っていました。
s-DSC00297-2.JPG
平等院の南門近くにある「鐘桜」です。紅葉が少し始まっています。
s-DSC00312-2.JPG
鐘楼にかけられた梵鐘は、日本三名鐘の一つで、その姿形は日本一と言われています(左)。
そのストラップを最勝院で買いました。
s-s-s-I-6-480.jpgs-DSC00288.jpg
 
最近、歴史あるお寺に出向くと、そこのストラップを買ったりします。
お寺のストラップのしゅう集、年齢的なものではなく、ファッションとしてとらえています。

nice!(260)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

京都大原三千院の門前の茶屋で食する おでん定食 [地域紹介(京都府)]

紅葉で有名な京都大原三千院の門前の茶屋で、食事をしたり、足を休めたりすることもできます。
s-DSCN6530-2.jpg
ぜんざいやみたらし団子なども食べれます。「芹生茶屋」です。
s-DSCN6375.jpg
「おでん定食」を頼みました。
s-DSCN6521.jpg
おでんです。関西風です。
s-DSCN6523.jpg
そばです。
s-DSCN6522.jpg
さりげなく京都の漬物がのったご飯です。
s-DSCN6525.jpg
紅葉が終わりかけた三千院の境内です。
s-DSCN6532-2.jpg
「恋に疲れた女がひとり・・」とうたわれた紅葉の京都大原の三千院です。
写経に多くの人が心洗われます。
その三千院の門前で食べる、ごく普通の善ざい、おでん定食、みたらし団子。
何が違うのか分かりませんが、しっとりとした気持ちで食することができます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋を告げる京都の千枚漬け [地域紹介(京都府)]

京都大原三千院の門前です。
s-DSCN6530.jpg
大きな「聖護院かぶ」です。重いもので5kgになるものもあります。
s-DSCN6381.jpg
直径15cmはあるでしょうか?
s-DSCN6378.jpg
その白と赤の「聖護院かぶ」の千枚漬けです。
ss-DSCN6380.jpg
s-DSCN6547.jpg
白カブと赤カブを1袋ずつ買いました。製造元は「京つけもの・西利」です。
s-DSCN6698.jpgs-DSCN6700.jpg
白カブの千枚漬です。 直径は15cmくらいあります。
s-DSCN6703.jpg
赤カブの千枚漬です。
s-DSCN6704.jpg
小さく刻んで、ご飯と一緒に食べました。
s-DSCN6728.jpg
その千枚漬です。
s-DSCN6706.jpg
この時期の京都の千枚漬けは最高の贅沢です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都大原三千院で買い求める秋を告げるモミジのハンカチ [地域紹介(京都府)]

京都大原三千院の参道です。沢に沿った細い道です。ss-DSCN6360.jpg
その途中に、秋の時期、モミジのハンカチが売られています。
ss-DSCN6542.jpg
こんなハンカチを女性に贈る男性もいるのでしょうね。言葉以上に、気持ち伝わりますよね。
s-DSCN6362.jpg
沢から、水の音が聞こえてきます。ss-DSCN6366.jpg
そこに、竹細工の沢蟹です。
s-DSCN6533.jpg
亀やカマキリやバッタもいます。
s-DSCN6534.jpg
色々な色の傘が売られています。
s-DSCN6371.jpg
こんな傘をさして、祇園を歩く女性もいるのでしょうね。
s-DSCN6532-3.JPG
参道をのぼり切った所に、三千院の山門があります。
s-DSCN6373.jpg
山門近くは紅葉が始まっていました。
ss-DSCN6376.jpg
京都三千院、大原に秋を告げるモミジのハンカチが売られていました。
いつの時代も、四季にのって気持ちを伝えるお土産ってあるのでしょうね。
京都大原三千院の所在地:京都市左京区大原来迎院町540


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

京都大原三千院からの紅葉の便り [地域紹介(京都府)]

11月8日、京都大原三千院の山門です。
s-DSCN6382.jpg
三千院の境内。客殿から聚碧園を眺めます
s-DSCN6401.jpg
その聚碧園に水の音が聞こえていました。
s-DSCN6408.jpg
客殿の窓越しに眺めてみました。紅葉が始まりかけていました。
s-DSCN6393.jpg
三千院で最も絵になる往生極楽院です。紅葉が始まっています。
s-DSCN6418.jpg
往生極楽院の紅葉の走りです。
s-DSCN6487.jpg
s-DSCN6499.jpg
静けさの中、水の音だけが聞こえてきます。
s-DSCN6470.jpg
一面の苔の中に、童の地蔵さんです。寝そべっています。
s-DSCN6448.jpgs-DSCN6437.jpg
小さい地蔵さんです。見落としてしまいます。
s-DSCN6447.jpgs-DSCN6435.jpg
往生極楽院近くの紅葉です。
s-DSCN6466.jpg
s-DSCN6508.jpg
京都大原の紅葉は来週が本番を向かえます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

京都市左京区にある大原野神社  [地域紹介(京都府)]

ほりけん、大学1年のころに、京都市左京区大原野にある親戚の家に下宿していました。

隣が、大原野神社でした。そこから京都を眺めていました。
s-DSC03775.jpg

大原野神社は長岡京に近く、平安時代、天皇を初め多くの貴族が訪れています。
長岡京の航空写真.JPG

その大原野神社の鳥居です。
s-DSC03642.jpg

鳥居をくぐると遠くに本殿が見えます。
s-DSC03644.jpg

本殿に向かって右手に池があり、睡蓮の葉っぱが一杯です。
s-DSC03648.jpg
睡蓮の花も見つけました。
s-DSC03656.jpg
s-DSC03658.jpg

池の向こう側に茶店があり、語らいの場になっています。
s-DSC03660.jpg
s-DSC03662.jpg

本殿に向かって左手に、歴史ある井戸があります。
s-DSC03667.jpg
紀貫之や大伴家持も、この井戸を和歌に詠いこんでいます。
s-DSC03665.jpg

朱塗りの本殿です。
s-DSC03674.jpg
その両側には鹿がくつろいでいます。
s-DSC03680.jpgs-DSC03682.jpg

ほりけん、40年前の大学1年生の時代、毎日、この大原野神社に訪れていました。
40年の歳月を経て、再び、毎年、大原野神社を訪れるようになりました。
かつて下宿していた家があった場所も訪れるようになりました。
かつて、竹やぶの隣にあった、その家の五右衛門風呂の場所も今は懐かしい思い出です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

京都市左京区大原野にある「勝持寺(花の寺)」 [地域紹介(京都府)]

ほりけん、現在の名古屋の住処は、海外も含めると11ケ所目です。19歳で、生まれ故郷
の四日市を離れ、京都市左京区大原野にある遠い親戚に間借し出したのが、その皮切りです。
桓武天皇が奈良から遷都した長岡京(784~794年)に近く、かつて、天皇をはじめ多くの
方々がこの地を訪れています。

親戚は大原野神社脇にあり、そこから阪急東向日駅まで自転車に乗り、京都の大学通いました。 
E995B7E5B2A1E4BAACE381AEE888AAE7A9BAE58699E79C9F.JPG
ほりけん、草津市の大学でも研究を進めており、第二の故郷「大原野」に時々足を伸ばします。
2年ぶりの訪問です。 お百姓さんの姿に40年前のことが脳裏をかすめます。
s-DSC03664.jpg

40年前に毎日のように訪れた大原野にある勝持寺(花の寺)に行ってみることにしました。
石段を上ったところに、花の寺の門があります。
 s-DSC0366.jpg

門から勝持寺(花の寺)の次の門まで数百m、急な坂が続きます。
s-DSC03670.jpg

途中、竹林が続きます。
s-DSC03676.jpg

花の寺の塀が見えてきました。桜の季節は人でいっぱいですが、今の時期、人影が疎らです。
s-DSC03678.jpg

そこを右に折れ、石段を上り切ったところに門があります。
s-DSC03682.jpg

勝持寺(花の寺)です。
s-DSC03690.jpgs-DSC03694.jpg
もみじの緑が土塀と調和します。紅葉のシーズンも最高です。
s-DSC03698.jpg

小さな門をくぐったところに本殿はあります。
s-DSC03700.jpg

門をくぐりました。つつじが咲いています。シーズンは過ぎています。
s-DSC03702.jpg

もみじの緑の奥に本殿があります。
s-DSC03704.jpg
本殿です。大きなものではありません。 平安・鎌倉・室町時代のものが多く残っています。
s-DSC03710.jpg

本殿の脇、緑の奥、苔で覆われた石垣の上に古い建物が見えます。
s-DSC03714.jpgs-DSC03712.jpg

さらに苔で覆われた石垣に沿って進みます。
s-DSC03720.jpg

遠くの方に鐘付き堂が見えてきます。
s-DSC03716.jpg

 千を超えるお寺がひしめく京都にあって「花の寺」を名乗っています。
それほどまでに桜が綺麗なお寺です。紅葉も京都で屈指です。
京都の中心からは離れた場所にあります。京都観光の穴場です。
ほりけんにとって第二の故郷です。
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

近代的な駅舎「京都駅ビル」を歩く [地域紹介(京都府)]

日本の観光都市である京都市の玄関駅「京都駅ビル」があります。
東海道新幹線、JR在来線、近鉄、市営地下鉄など多くの交通機関が集結しています。
京都ビルはイベント会場としても利用されるほか、カップルや観光客の憩いの場のもなっています。

 京都駅には観光客や食事やショッピングの人たちで賑わっています。
IMG_1427.jpg
 
伊勢丹、レストラン方面を眺めます。幾何学的な形をしたものが出ています。
「原広司氏」が設計する京都駅ビルは歩いてても楽しいところです。
IMG_1435.jpg

京都駅はガラスが多く使われ、近代的に思わされる構造になっています。
高い屋根、広い空間の中を移動する人たち、エスカレーターと隣接する
階段ではゆっくりと時間が流れる憩いの場となっています。
IMG_1415.jpgIMG_1363.jpg

京都駅ビル東側からコンコースを眺めました。
曲線と直線が入り混じる京都駅ビル、不思議な感覚に陥ります。
IMG_1452.jpg

1964年(昭和39年)12月に誕生した京都タワーです。
暗闇に浮かぶライトアップされた京都タワーは人々を魅了させます。
IMG_1429.jpgIMG_1380.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

冬近く、一層元気な増上寺の千躰地蔵尊 [地域紹介(京都府)]

12月中旬、子育て安産に霊験あらたかとされる東京都港区にある増上寺の千躰地蔵尊です。
s-SANY0280.jpg

 増上寺は、安土桃山時代、徳川家康が関東の地を治めるようになってまもなく、
徳川家の菩提寺としてが選ばれました(天正18年、1590年)。
 
12月中旬、増上寺の三門です。イチョウの紅葉がまだ残っています。
s-SANY0265.jpg

大殿です。何かイベントの準備が行われていました。後方に東京タワーが控えます。
s-SANY0267.jpg

東京の大都会の中にあり、寒さの到来が遅いのか紅葉が残っていました。
s-SANY0282.jpgs-SANY0281.jpg

 そこに千躰地蔵尊があります。子育て安産に霊験あらたかとされる西向観音にちなみ、
子供の無事成長、健康を願い昭和50年より順次奉安されています。
s-SANY0268.jpg
12月中旬、冬の足音が日々大きくなるなる中、寒さを物ともしない地蔵様が並んでいました。
s-SANY0279.jpg

千躰地蔵尊には、日本の少子化に歯止めをかけるべく応援宜しくお願いします。
「増上寺」の所在地:〒105-0011東京都港区芝公園4-7-35
http://www.zojoji.or.jp/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 地域紹介(京都府) ブログトップ