So-net無料ブログ作成
検索選択
グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ) ブログトップ

三重県四日市市の名物「とんてき」 まつもとの来来憲 大とんてき [グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ)]

三重県四日市市にある「まつもとの来来憲」があります。
四日市名物のとんてきがあります。
14時で昼の営業は終わりですが、まだ店の前に行列ができていました。
DSCN5396.jpg
店内も大賑わいです。
DSCN5401.jpg
塩とんてき定食(1200円)です。トン汁、ライス、漬物はおかわりできます。
DSCN5402.jpg
野球のグローブのように厚い豚肉が切ってあります。
とんてきには必ずニンニクが入っています。食べても臭くありません。
柔らかくてジューシーです。塩ダレなのであっさりとしています。
DSCN5404.jpg
大とんてき定食(1675円)です。こちらもトン汁、ライス、漬物はおかわりできます。
DSCN5408.jpg
タレは濃く見えますが、食べてみるとくどくはありません。
肉の中までタレが染み込んでおいしいです。
DSCN5410.jpg
「まつもとの来来憲」の所在地:三重県四日市市松本2丁目7-24


nice!(0)  コメント(0) 

東名阪自動車道の御在所SAで食するトンテキ・コロッケ [グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ)]

「トンテキ(豚ステーキ)」の発祥は、三重県四日市市です。
四日市では、ラーメン屋の数とトンテキ屋の数は同じくらいです。

最近では、東名阪自動車道路の御在所SAで「トンテキ三銃士」なる宣伝を目にします。 
s-DSC04478-1524c.jpg
まずは、「とんてき丼」です。
s-DSC04480.jpg
次に、「とんてきカレー」です。
s-DSC04481.jpg
最後に登場したのが「とんてきコロッケ」です。
DSC04476.JPG
s-DSC04482.jpgs-DSC04483.jpg

ほりけん、トンテキ丼とトンテキカレーは既に制覇しています。

今日は、残る1つの「トンテキ・コロッケ(580円)」を頼みました。
s-DSC04492.jpg
これが、そのトンテキ・コロッケです。
s-DSC04493.jpg
確かに、豚のステーキ(コンテキ)が入っています。
s-DSC04503.jpg
s-DSC04502.jpg
 
 
四日市で開発されたトンテキですが、それを使った料理も色々と開発されるようになりま

nice!(207)  コメント(3) 

三重県四日市発祥の豚肉ステーキ(とんてき)のカレー [グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ)]

三重県四日市が生んだグルメに「トンテキ(豚肉ステーキ)」があります。
 
東名阪道路の御在所SAにトンテキのシリーズがあります。「とんてき定食」と「とんてき丼」です
s-DSC04256-71619.jpgs-DSC04252.jpg
1日30食限定の「とんてきコロッケ定食」の他に、「とんてきカレー」もあります。

s-DSC04250.jpgs-DSC04254.jpg

とんてきカレー(880円)を注文して見ました。s-DSC04258.jpg

トンテキです。豚肉ステーキも美味しいですが、丸ごとのニンニクとの組み合わせが最高です。s-DSC04260.jpgs-DSC04297.jpg

カレーです。トンテキとカレーの調和が巧みです。福神漬けとも良く合います。s-DSC04262.jpgs-DSC04264.jpg

ほりけんの故郷・三重県四日市が生んだグルメ「トンテキ」に色々な料理方法が開発されます。


nice!(0)  コメント(0) 

四日市が生んだトンテキの串焼きを伊勢湾岸道路長島SAで [グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ)]

伊勢湾岸道路の長島サービスエリアの足湯が向こう側に見えます。s-DSC03318.jpg
何人かの人が足湯に入っています。 ほりけんも足湯に入ってみました。
s-DSC03310.jpg
 
その長島サービスエリアで四日市トンテキ(豚肉のステーキ)ソースを見付けました。
s-DSC03332.jpg
s-SANY0069.jpg
何と珍しいことに、その四日市が生んだ「とんてき」の串(1本350円)が売られています。
s-s-DSC03324.jpgs-s-DSC03331.jpg
 
ほりけん、1本を注文しました。豚肉です。焼き置きが難しいようです。
注文してから、トンテキソースを付け、オーブンで焼いてくれます。
s-DSC03334.jpgs-DSC03333.jpg
 
待つこと2分。これが、そのトンテキ串です。
s-DSC03342.jpg
 
焼きたてで、ソースが利いて、本当に美味しかったです。
s-DSC03340.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

柔らか豚カツ「綾」の味噌カツ [グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ)]

三重県四日市の湯の山街道に、「やわらか とんかつ綾」があります。
s-TSB-8560.jpgs-TSB-8562.jpg
「色々とんかつ」として、「みそかつ定食膳(1490円)」や「おろしかつ定食膳(1490円)」があります。
s-TSB-8568.jpg
ほりけん、「みそかつ定食膳」を注文しました。勿論、味噌は赤味噌です。
s-TSB-8570.jpg
最近では、名古屋に近い四日市でも「味噌カツ」はお馴染みです。
豚肉が、箸でも切れるほどに柔らかい肉である事が特徴的です。
ご飯、味噌汁、キャベツはお替り自由です。味噌汁としては、赤味噌か白味噌かが選べます。
s-TSB-8571.jpg
キャベツはお替り自由です。
s-TSB-8572.jpg
漬け物がとり放題です。左から、胡瓜漬け、桜漬け、キャベツ漬けです。
s-TSB-8582.jpgs-TSB-8583.jpgs-TSB-8584.jpg
最近では、名古屋の味噌カツやひつまぶしが四日市で、四日市のトンテキが名古屋で食する事が出来ます。
食文化が伝わる速度は速くなってきていますが、各地方の味はいつまでも大切にしたいものです。
味噌かつ みそかつ ミソカツ 三重県四日市市 湯の山街道 湯ノ山街道 湯乃山街道 グルメ とんかつ トンカツ 漬け物 やわらか とんかつ綾 大同大学 ほりけん 堀 


nice!(0)  コメント(0) 

三重県四日市発祥の「とんてき」を食す [グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ)]

「とんてき」は、単なる豚のステーキではなく、 分厚い豚肉をにんにくと一緒に濃い目のたれでソテーしたものです。千切りしたキャベツをたっぷり添えるのが普通です。調理法や味付けは、お店によって実に 千差万別です。この「とんてき」に発祥は、ほりけん自宅がある三重県四日市市と聞いています。
s-SANY0056.jpg
この「とんてき」が、三重県四日市市の御在所サービスエリアのメニューにあります。
s-SANY0053.jpgs-SANY0038.jpg
 
その御在所SAのレストランで「トンテキ定食」を頼みました。
s-SANY0055.jpg
 
「とんてき」の定義通り、ニンニクが豚肉と一緒に焼かれていました。
 焼いた豚肉にはニンニクがよく合います。s-SANY0058.jpg
 
三重県四日市では、「とんてき」はメジャーな食べ物です。
でも、全国の皆さんが「とんてき」を知っているかどうか?心配です。

nice!(0)  コメント(0) 

三重県四日市 湯の山街道の「とんかつ屋・綾」の「柔らか豚カツ」 [グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ)]

三重県四日市の鈴鹿山系への湯の山街道に、ほりけん10年来利用の豚カツ屋があります。s-DSC09558.jpg
昼ご飯時は混み合うので、ランチは、いつも11時半までに入ります。
11時半、さすがに空いています(左の写真)。しかし、12時に近ずくと混んできます。
お勧めが「箸で切れる豚カツ」です(右の写真)。普通サイズとミニサイズがあります。
s-DSC09561.jpgs-DSC09569.jpg
その「やわらかひれかつ定食膳(1,730円)」を注文しました。
ご飯、味噌汁、キャベツ(左の写真)が、おかわり自由です。味噌汁は、赤味噌でも白味噌でもOKです。
s-DSC09570.jpgs-DSC09573.jpg

これがその「柔らかひれかつ」です。
s-DSC09571.jpg

柔らかいんです。本当に、箸で切れます。何故、こんなに柔らかく揚がるのか分かりません。
s-DSC09572.jpg

4種類のソースがあります。
「とんかつソース」、「からし醤油ソース」「秘味みそソース」、「秘伝黒大豆酢醤油」です。
s-DSC09578.jpg

そのソースを4つの皿に取り分けました(左の写真)。そこに胡麻をすって入れます(右の写真)。
s-DSC09580.jpgs-DSC09582.jpg

 

「やわらか豚カツ綾」の所在地 :三重県四日市市生桑町516-6


nice!(0)  コメント(0) 
グルメ(三重県・豚テキ・豚カツ) ブログトップ