So-net無料ブログ作成
検索選択
伊国紀行(ミラノ) ブログトップ

ミラノ中央駅から鉄道を使ってベネチアへ [伊国紀行(ミラノ)]

ミラノ中央駅から、鉄道を使ってベネチアに向かうことにしました。
s-CIMG0602.jpg
ホテルはミラノ中央駅の近くにあります。
航空写真.JPG
ホテルを出て、歩いてすぐに中央駅に着きました。
s-CIMG0604.jpgs-CIMG0603.jpg
中央駅に着き、日本で手配した1週間イタリア周遊券にスタンプを押してもらい、今日から有効です。
乗り場は2階にありました。ところが、予定していた時刻になってもベネチア行きが来ません。
トラブルがあったらしく、1時間遅れでやってきました。日本の鉄道では考えられません。
s-CIMG0605.jpg
1等席と2等席があったのですが、1等席にしました。なかなか快適です。
s-CIMG0669.jpg
1時間半くらいかかったでしょうか。ベネチアに着きました。
駅を出るとバネチアの景色が目に飛び込んできました。
s-CIMG0636.jpg
これからブラッとベネチアの街を見て回ります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ミラノ中央駅近くにあるダ・ヴィンチが住居装飾を手掛けたスフォルツェスコ城 [伊国紀行(ミラノ)]

ミラノの地下鉄で、「ドゥオモ」から2駅目の「カイロール」で降りました。外に出てみるとスフォルツェスコ城が目に飛び込んできました。えんじ色のレンガを積み上げたお城でした。
CIMG0656.jpg

 スフォルツェスコ城は、15世紀にルネッサンスの名君主スフォルツァ家が、ヴィスコンティ家の城跡を改装し、居城としたものです。正面の塔を中心にして、左右にレンガ積みの城壁が延びている外観で、入り口にはスフォルツァ公爵の彫刻が彫られています。城の奥に広がる広大な庭園にかかる小橋などはブラマンテが設計し、「コルテ・ドゥカーレ」と呼ばれる住居装飾はダ・ヴィンチが手掛けました。

航空写真.JPG

右回りでお城の外周を、ブラットと歩いてみることにしました。CIMG0642.jpg

ちょうど、裏っ側まで歩いてきました(左の写真)。次の角も回ってみました(右の写真)。
CIMG06454.jpgCIMG0655.jpg
お城の中に入ってみました。中は高大な広場になっていました。
CIMG0643.jpg
中から見た城壁です。
CIMG0644.jpg
中世のイタリアを間近に見ることが出来ました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ミラノの大聖堂「ドゥオモ」と「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」 [伊国紀行(ミラノ)]

ミラノの観光の中心は「ドゥオモ」です。ドゥオモ界隈を歩いてみました。CIMG0622.jpg

 ドゥオモは、イタリア最大のゴシック建築で、完成までに500年以上が費やされました。135本の尖塔と2245体におよぶ彫像は、大聖堂らしい威厳を漂わせます。

地図.JPG
正面が修復中だったこともあり、側面からの写真になってしまいました。それでも、この迫力です。

CIMG0621.jpg

写真の下の方に米粒のように見えるのが人です。CIMG0624.jpg

ドゥオモ広場からスカラ広場を結ぶ「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」の入り口です。
手前がドゥオモ広場です。広大な広場です。
CIMG0612.jpg

 「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの中です。芸術的美しさのアーケードです。1878年に完成しました。中央の天井部分は鉄枠にガラスがはめ込まれた斬新なデザインで美しいドームが特徴です。その壁面には、ヨーロッパ、アフリカ、アメりカ、アジアの4大陸を表したフレスコ画が描かれています。

CIMG0615.jpg
次には、地下鉄に乗ってスフォルツェスコ城に向かいます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

セントレアからパリを経由してミラノへ。まず、ミラノ大学へ。 [伊国紀行(ミラノ)]

2年前の秋、トリノで開かれた学会に出席すると共に、燃料電池関連の打ち合わをミラノで行うべく、イタリアに出張しました。飛行機を乗り継ぎ、ミラノ空港に到着。電車とタクシーを走らせ、ミラノ中央駅近くのホテルに到着しました。ホテルは通りの左手2つ目の建物です。
CIMG0604.jpg
今回は、セントレアからパリを経由してミラノ空港に入り、ミラノ(2泊)→ベネチア→トリノ(3泊)→ピサ→ローマ(2泊)の後、パリを経由してセントレアにも戻る計画です。今回も1人旅です。欧州紀行.JPG
ミラノ到着後、まず、ミラノ大学を見学することにしました。
大学の周りを歩いて、写真を撮ってみました(黄色い矢印4箇所から写真を撮りました)。航空写真.JPG

 ミラノ大学は1924年に設立され、現在6万人以上の学生が学んでいます。農学部、芸術・哲学部、法学部、科学部、医学部、薬学部、政治学部、スポーツ学部、獣医学部があります。

赤い建物がまず目に飛び込んできました。CIMG0631.JPG

少し学舎沿いに南方向に歩いてみて写真を撮ってみました。15世紀の建物と聞いています。CIMG0632.JPG

南の端まで進んで振り返って写真を撮ってみました。歴史を感じさせます。CIMG0633.JPG

大学の南側を回って、さらに、学舎の東側を歩いてみることにしました。CIMG0634.JPG

これからミラノの中心街を歩いてみることにします。

セントレア ヨーロッパ ミラノ空港 ミラノ大学 大同大学 ほりけん 堀 秋



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
伊国紀行(ミラノ) ブログトップ