So-net無料ブログ作成
グルメ(三重県・松阪市) ブログトップ

金持ちが「すき焼き」で、貧乏人が「牛すき鍋」。これ本当ですか? [グルメ(三重県・松阪市)]

3ほりけんの自宅がある三重県四日市から少し足を延ばすと「松阪牛」で有名な松阪があります。
津に、ほりけんの母親が永眠しており、その関係で松阪にはよく足を延ばします。
 
松阪牛と言えば「和田金」ですが、ほりけん、手ごろなところで「海津」に入ります。
s-DSC00064.jpg
その海津の本店です。
s-DSC00068.jpg
庭の美しさは、本店も支店も同じです。
s-DSC00070.jpg
個室形式になっています。
s-DSC00072.jpg
柱にも、焼肉やすき焼きの匂いがしみ込んでいます。
s-DSC00073.jpg
炭火の後で、鉄板が運び込まれました。そして、砂糖と醤油です。
s-DSC00093.jpg
松阪牛です。
s-s-DSC00098.jpg
野菜です。
s-s-DSC00088.jpg
 
すき焼きは、30分足らずで終わります。スタートです。
 
鉄板に松阪牛を置き、砂糖をまぶします。
s-s-DSC00099.jpg
次に、醤油です。それ以外は使いません。純粋に松阪牛だけの美味しさを味わいます。
この間、野菜は入れません。
s-s-DSC00100.jpg
焼けてきました。焦がしてはいけません。 このタイミングが絶妙です。
s-s-DSC00101.jpg
松阪牛だけで食します。
s-s-DSC00112.jpg
 
次に、焼き豆腐とねぎです。肉の味がしみ込みます。野菜の水分を出したら失敗です。
s-s-DSC00126.jpg
最高の焼き豆腐とねぎです。
s-s-DSC00127.jpg
 
次に、人参や椎茸や玉葱などの野菜です。野菜の水分を出したら味が落ちます。
s-s-DSC00132.jpg
最後に、糸ゴンです。味がしみ込みます。
s-s-DSC00133.jpg
この間、20分です。
 
ほりけん、「すき焼き」と「牛すき鍋」の差が未だに認識できていません。
 
高級な牛肉は、砂糖と醤油だけで、肉の旨みだけで焼いて食べる。
これが「すき焼き」(左の写真)。
安い牛肉は、 牛肉の旨みが少なく、だし汁に入れて野菜や糸ゴンと一緒に炊いて食べる。
挙句の果ては、うどんまで入れる。これが「牛すき鍋」(右の写真)。
s-s-DSC00101.jpg牛すき鍋.JPG
 
となると、貧乏人のほりけんは、60年間、安い牛肉を使った「牛すき鍋」を食べてきた訳で、
高価な「すき焼き」は人生で2回目と言うことになるのですが?これ本当ですか?

nice!(191)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

金持ちが「すき焼き」で、貧乏人が「牛すき鍋」。これ本当ですか? [グルメ(三重県・松阪市)]

3ほりけんの自宅がある三重県四日市から少し足を延ばすと「松阪牛」で有名な松阪があります。
津に、ほりけんの母親が永眠しており、その関係で松阪にはよく足を延ばします。
 
松阪牛と言えば「和田金」ですが、ほりけん、手ごろなところで「海津」に入ります。
s-DSC00064.jpg
その海津の本店です。
s-DSC00068.jpg
庭の美しさは、本店も支店も同じです。
s-DSC00070.jpg
個室形式になっています。
s-DSC00072.jpg
柱にも、焼肉やすき焼きの匂いがしみ込んでいます。
s-DSC00073.jpg
炭火の後で、鉄板が運び込まれました。そして、砂糖と醤油です。
s-DSC00093.jpg
松阪牛です。
s-s-DSC00098.jpg
野菜です。
s-s-DSC00088.jpg
 
すき焼きは、30分足らずで終わります。スタートです。
 
鉄板に松阪牛を置き、砂糖をまぶします。
s-s-DSC00099.jpg
次に、醤油です。それ以外は使いません。純粋に松阪牛だけの美味しさを味わいます。
この間、野菜は入れません。
s-s-DSC00100.jpg
焼けてきました。焦がしてはいけません。 このタイミングが絶妙です。
s-s-DSC00101.jpg
松阪牛だけで食します。
s-s-DSC00112.jpg
 
次に、焼き豆腐とねぎです。肉の味がしみ込みます。野菜の水分を出したら失敗です。
s-s-DSC00126.jpg
最高の焼き豆腐とねぎです。
s-s-DSC00127.jpg
 
次に、人参や椎茸や玉葱などの野菜です。野菜の水分を出したら味が落ちます。
s-s-DSC00132.jpg
最後に、糸ゴンです。味がしみ込みます。
s-s-DSC00133.jpg
この間、20分です。
 
ほりけん、「すき焼き」と「牛すき鍋」の差が未だに認識できていません。
 
高級な牛肉は、砂糖と醤油だけで、肉の旨みだけで焼いて食べる。
これが「すき焼き」(左の写真)。
安い牛肉は、 牛肉の旨みが少なく、だし汁に入れて野菜や糸ゴンと一緒に炊いて食べる。
挙句の果ては、うどんまで入れる。これが「牛すき鍋」(右の写真)。
s-s-DSC00101.jpg牛すき鍋.JPG
 
となると、貧乏人のほりけんは、60年間、安い牛肉を使った「牛すき鍋」を食べてきた訳で、
高価な「すき焼き」は人生で2回目と言うことになるのですが?これ本当ですか?

nice!(253)  コメント(28) 
共通テーマ:グルメ・料理
グルメ(三重県・松阪市) ブログトップ