So-net無料ブログ作成
検索選択
独国紀行(シュトゥットガルト) ブログトップ

ドイツの思い出。サラダからナメクジが出てきました。 [独国紀行(シュトゥットガルト)]

9月下旬、ドイツのシュトットガルトで燃料電池の学会が開催されました。 
ランチは主催者側が準備しています。バイキング形式です。
s-DSC06028.jpg
 
ほりけん、キノコの料理をとってみました。 
s-DSC06030.jpg
 s-DSC06034.jpg
サラダです。新鮮です。レタスをとりました。
s-DSC06031.jpg
 s-DSC06035.jpg
そのサラダの中で動くものがあります。ちょっと気になります。 
s-DSC06042.jpg
えっ!ひょっとしたら、ナメクジ?!
s-DSC06043.jpg
やっぱり! サラダにナッ、ナッ、ナメクジがいる!
s-DSC06039.jpg
動いてるゥー! ギィエー!
s-DSC06040.jpg
 
ほりけんの頭の中は真っ白です。 激しい嘔吐におそわれました。
c36c7dbe32fe27c31a55103528abd648.jpg
目まいと共に、熱も出てきました。
s-DSC00625.jpg
 
 その後のドイツの旅については、語るまでのことはないと思います。

nice!(247)  コメント(45) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヨーロッパのキティちゃんとお尻に優しいトイレット・ペーパー [独国紀行(シュトゥットガルト)]

フィンランド首都ヘルシンキから鉄道で1時間の小さな町Karisの駅前にあるスーパーです。
ss-DSC05858.jpg
沢山のトレット・ペーパーが並んでいます。
s-DSC05840.jpg
それとは別の特別な一角に、キティちゃんのトレットペーパーが売られていました。
お尻に優しそうです。
s-s-DSC05837.jpg
一方、こちらはキッチンペーパーです(アルマさんの指摘で修正しました)
使うのがもったいないですね。
s-DSC05838.jpg
こちらは、ドイツのシュトゥットガルトの本屋さんです。
s-DSC06122.jpg
その中にキティちゃんの皿や人形が売れれていました。
s-DSC06124.jpg
同じくドイツのシュトゥットガルトですが、こちらは中央駅です。
s-DSC06064.jpg
その中央駅で小走りの女性が引っ張るスーツケースは、これまたキティちゃんです。s-s-DSC06127.jpg
話は変わって、こちらはアテネ空港の店屋さんです。
s-s-DSCN4262.jpg
そこで見つけたキティちゃんの折りたたみ傘です。 誰がさすのでしょうか?
s-DSCN4260.jpg
さらに、場所を移して、こちらはスペインのザラゴザにあるショッピングモールの中の「claire's」です。
s-DSCN5312.jpg
そこで見つけたキティちゃんのグッズが売られている「claire's」です。
日本だけでなくスペインにもあるのですね。
s-DSCN5314.jpg
欧州のキティちゃんの嵐は何処へやら、名古屋に戻ってきました。
久々の中部国際空港(セントレア)です。見慣れた風景です。
s-DSC04953.jpg
嫌な予感がして振り返って見ると、そこに、大きなキティちゃんの専門店がありました。
s-DSCN5624.jpg
今回の欧州出張で、キティちゃんの存在の大きさ、始めて知りました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツで見つけた気持ちを表現するお菓子 [独国紀行(シュトゥットガルト)]

ドイツのシュトゥットガルト中央駅です。
s-DSC06060.jpg
そこに、日本ではあまり見かけないようなお菓子を売る店があります。
s-DSC06061.jpg
色々な言葉が書かれています。
s-DSC06062.jpg
結構、大きいです。ハートの形をしています。
s-DSC06063.jpg
「I love you 」ですね。
s-DSC06068.jpg
「シュトゥットガルトからこんにちわ!(Greeting from Stuttgart)」
s-DSC06069.jpg
「気まぐれやさん!」と言ったところでしょうか?
s-DSC06070.jpg
「親愛なるママへ!」ですね。
s-DSC06072.jpg
こうしたお菓子がフランクフルトの露天の店でも売られていました。
s-DSCN9734.jpg
ほりけん、この齢になると、誰に、どの言葉のお菓子を送るのか?考えさせられてしまいます。
来年、7回忌を向かえるお袋に、「親愛なるお袋へ!!」ですかね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シュトゥットガルトの宮殿とシュロス公園 [独国紀行(シュトゥットガルト)]

ドイツのシュトゥットガルトの宮殿の航空写真です。
航空写真.JPG
旧宮殿の中です。
s-DSCN9636.jpg
1746~1807年に建てられたコの字型の新宮殿です。手前はシュロス広場です。
s-DSCN9645.jpg
左側に新宮殿、右側に旧宮殿です。
s-DSCN9648.jpg
噴水の近くにコスモスの花が一杯です。
s-DSCN9652.jpg
コスモスの近くをカップルが通り過ぎます。
s-DSCN9656.jpg
花に囲まれたシュロス広場です。
s-DSCN9661.jpg
s-DSCN9663.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

シュトゥットガルトでの燃料電池の学会 [独国紀行(シュトゥットガルト)]

ドイツのシュトゥットガルトの経済産業省の建物で燃料電池の学会が開催されました。s-DSC06049.jpg
それなりに古い建物のようです。
s-DSC06028.jpg
燃料電池・バッテリーのバスが出ています。
s-DSC06027.jpg
建物の中には燃料電池車が置かれています。
s-DSC06047.jpg
建物の中です。
s-DSCN9622.jpg
s-DSCN9628.jpg
「心から歓迎します」の文字が目に飛び込んできます。
s-DSCN9629.jpg
燃料電池の学会の様子です。(主催者側のホームページより)
_mg_9260.jpg013.jpg
ほりけんです。一様、時差に負けることもなく聞いています。(主催者側のホームページより)
002.jpg
秋のシーズン、欧米日で燃料電池の学会がホットに開催されています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ドイツのシュトゥットガルト中央駅の「秋」の寿司 [独国紀行(シュトゥットガルト)]

鉄道を使って、フランクフルトからハイデルベルクを経由してシュトゥットガルトに着きました。
ドイツのノ地図.JPG
シュトゥットガルト中央駅に到着しました。
s-DSC06064.jpg
そのシュトゥットガルト中央駅の正面です。
s-DSC06058.jpg
駅タワーの上にダイムラーベンツのマークが見えます。シュトゥットガルトはベンツの拠点です。
DSC06058-2.JPG
駅の中です。多くの店があります。
s-DSC06060.jpg
お寿司の店がその中央にあリます。
s-DSC06078.jpg
「Nordsee(北海)」とあります。
s-DSC06081.jpg
色々なパックのお寿司が売られています。
s-DSC06080.jpg
ドイツでは、結構有名なお寿司のレストランが、こうした店を出しているようです。
s-DSC06102.jpg
ほりけんも1つ買ってみました。
s-DSC06107.jpg
海老とサーモンです。
s-DSC06112.jpg
1つはサーモンを、もう1つは胡瓜ではない何物かを巻いた寿司です。
s-DSC06111.jpg
揚げらしき物が巻かれています。
s-DSC06109.jpg
ヤッパリ揚げです。
s-DSC06115.jpg

「揚げ(稲荷)の巻寿司」、ほりけん、生まれて始めて食べました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

独国紀行:シュトットガルトの学会のランチ [独国紀行(シュトゥットガルト)]

9月下旬、ドイツのシュトットガルトで燃料電池の学会が開催されました。
ランチは主催者側が準備しています。バイキング形式です。
s-DSC06028.jpg
ほりけん、キノコの料理をとってみました。
s-DSC06030.jpg
s-DSC06034.jpg
サラダです。新鮮です。レタスをとりました。
s-DSC06031.jpg
s-DSC06035.jpg
そのサラダの中で動くものがあります。ちょっと気になります。
s-DSC06042.jpg
えっ!ひょっとしたら?
s-DSC06043.jpg
やっぱりそうです。ナメクジです。
s-DSC06039.jpg
ほりけん、自宅の畑で無農薬野菜を栽培しています。
青虫に葉っぱを食べられます。虫がたべるのは新鮮な証拠と納得しています。
でも、ナメクジが入ったドイツのサラダが、ほりけんには新鮮とな言えないのですが。
9月下旬
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
独国紀行(シュトゥットガルト) ブログトップ