So-net無料ブログ作成
検索選択
米国紀行(サンフランシスコ) ブログトップ

海外で日本食レストランは「駆け込み寺」です。 [米国紀行(サンフランシスコ)]

米国の食事にあきると、決まって日本食レストランに飛び込む。
ホテル近くに「はなぜん」があります。
s-DSCN0511.jpg
やっぱりホッとします。
s-DSCN0502.jpg
焼き鳥を頼みました。テリヤキのタレが最高です。
s-DSCN0509.jpg
サラダも巨大なものではありません。
s-DSCN0504.jpg
カリフォル巻きも頼みました。
s-DSCN0507.jpg
 
海外において、その国々の食事で失敗をする場合が多々あります。
そんなとき、海外の日本食レストランは、ほりけんにとって「駆け込み寺」のようものです。

nice!(224)  コメント(2) 

海外のレストランではいつも失敗ばかりです。今回もそうでした。 [米国紀行(サンフランシスコ)]

サンフランシスコのフィシャーマンズワーフです。s-DSCN0278.jpg
レストランが幾つもあります。 いい感じです。
s-DSCN0226.jpg
レストランの入り口には、蟹や魚が並んでいます。
s-DSCN0234.jpgs-DSCN0232.jpg
中に入ってみました。いい雰囲気です。
s-DSCN0238.jpg
窓からの眺めも最高です。
s-DSCN0228.jpg
 
 
フィシャーマンズワーフと言えば蟹です。訳の分からない英語のメニューを探すこと10分。
「蟹サラダ」を見つけました。ほりけんと同行した2名、3名がそれぞれ1つずつ注文しました。
店員が怪訝な顔をしています。
 
 
やってきました。直径20cmのサラダの山が3つ来ました。とんでもない量の野菜です。
s-DSCN0239.jpg
その頂上に、確かに、蟹はのっています。 
s-DSCN0245.jpg
 
完食と言いたいのですが、蟹は食べれたのですが、野菜は食べても食べても減りませんでした。
s-DSCN0247.jpg
 
海外のレストランでは失敗ばかりのほりけんですが、今回も失敗でした。
 
レストランを出て、しばらく歩くと立ち食い風の蟹の店が沢山あります。
s-DSCN0250.jpg
純粋に、蟹を食べるなら、こちらの方が正解でした。
s-DSCN0252.jpg
ボイルした蟹が美味しそうです。
s-DSCN0256.jpg
蟹と海老の詰め合わせです。
s-DSCN0260.jpg
s-DSCN0264.jpg
そこで食べることも出来ます。
s-DSCN0251.jpg
 
海外のレストランでは失敗ばかりのほりけんですが、今回も失敗でした。

nice!(234)  コメント(15) 

サンフランシスコで買ったヤドカリへの土産。ヤドカリの反応はイマイチでした。 [米国紀行(サンフランシスコ)]

サンフランシスコの坂道です。
s-DSCN0215.jpg
路面電車が走っています。
s-DSCN0219.jpg
久々に訪れたフィシャーマンズワーフです。
s-DSCN0278.jpg
ここは、蟹で有名です。
s-DSCN0264.jpg
沢山の観光客で一杯です。
s-DSCN0224.jpg
オットセイでしょうか?大量にいます。
 s-DSCN0230.jpg
海岸近くで、貝殻を売る店が多いのは、アメリカも一緒です。
 s-DSCN0260.jpg
こんな貝殻をヤドカリの土産に買いました。
s-DSCN1387.jpg
我が家のヤドカリに土産の貝殻を着せたいのですが?
s-CIMG3697.jpg
人間と違い、なかなか興味を示してくれません。
s-IMG_2913.jpg
せっかくのサンフランシスコのお土産も、ヤドカリには見向きもしていただけませんでした。

nice!(207)  コメント(10) 

サンフランシスコのダウンタウンと金門橋 [米国紀行(サンフランシスコ)]

サンフランシスコから金門橋をレンタカーを走らせました。
s-DSCN0284.jpg
 第二次世界大戦前に建造されたものとは考えがたいです。
s-DSCN0286.jpg
金門橋を渡り切った所に展望台があります。立ち寄りました。
 航空写真.JPG
展望台からサンフランシスコのダウンタウン(写真左)と金門橋(写真右)を一望します。
s-DSCN0313.jpg
展望台から眺めた金門橋です。
s-DSCN0312.jpg
金門橋を支えて、「はい、ポーズ」です。 
s-DSCN0306.jpg
サンフランシスコのダウンタウンを望みます。
s-DSCN0310.jpg
展望台から更に山に登り、サンフランシスコを写真に収めました。
s-DSCN0291.jpg
 
世界の企業や国立研究所の訪問の寸暇を、その地域の勉強に当てています。
 

nice!(220)  コメント(7) 

22年ぶりに、サンフランシスコ・オークランド・ベイ橋を走ります。 [米国紀行(サンフランシスコ)]

25年前の1987年にさかのぼります。ほりけん、36歳でした。
米国東海岸のコネッチカット州の会社との燃料電池の共同開発が始まりました。
水力発電所、火力発電所、原子力発電所の次に来る、燃料電池発電所を夢見ていました。
ss-MCFC.jpg 
こうした1000kWの電池を1000基並べた100万kWのプラントを目指していました。
それを原子力発電の次の発電所として全国に何十箇所もつくることを夢見ていました。 
日本側の開発リーダーとしてコネチカット州への駐在もありました。毎日が戦場でした。
 
22年前の1990年9月4日、駐在から帰国途中、西海岸によりました。
サンフランシスコ空港からヨセミテ国立公園まで、1人でレンタカーを走らせました。
s-航空地図.jpg
サンフランシスコに降り(左)、ヨセミテまでレンタカーを飛ばし、コテッジで一泊しました(右)。 
s-DSCN0113.jpgs-DSCN0086.jpg
明けて9月5日、レンタカーでヨセミテを見て回りました。
s-DSCN0083.jpgs-DSCN0089.jpg
 ヨセミテに秋の気配が忍びよっていました。
s-DSCN0087.jpg
その1ケ月前、ヨセミテに起こった山火事は、一面を焼き尽くしていました。
s-DSCN0091.jpg
22年前もカリフォリニア州には多くの風力発電が設置されていました。
s-DSCN0098.jpg
サンフランシスコへの帰りのサンフランシスコ・オークランド・ベイ橋です。
s-DSCN0108.jpgs-2-54-1-27-02.jpg
 車越しに、遠く、サンフランシスコのダウンタウンをのぞみました。
s-DSCN0109.jpg
その後も、カリフォルニア州へは、何度となく足を踏み入れています。そして、
この3月下旬には、22年ぶりに、サンフランシスコ・オークランド・ベイ橋を走ります。
還暦を過ぎ、来るべき、新たな燃料電池の実用化への夢を頭に描いて。

nice!(264)  コメント(4) 
米国紀行(サンフランシスコ) ブログトップ